病院での処方 | バイアグラでいつまでも若々しく〜正しく薬を服用する〜

バイアグラでいつまでも若々しく〜正しく薬を服用する〜

病院での処方

勃起不全の治療として、現在病院でもバイアグラの処方が行われています。しかし、バイアグラ自体は保険適用外の薬となっており、自費で購入を行うことになります。受付の際は電話予約が必要な所と、予約不要の所があります。予約不要の場合は、診療時間内に直接病院に行き、診察を受けることができます。勃起不全を扱っている病院は、男性のプライバシーを守るために男性スタッフのみがいる病院や、それぞれ来客が見えないような待合室の作りになっていることがあります。特に保険証や身分証明書が必要なことはありませんが、現在何か薬を服用している場合は、必ず服用中の薬を確認して来院を行うことが大切です。バイアグラは、一緒に飲んではいけない薬というものがあり、該当しているかどうか調査を行います。

診察を受ける前に、多くの病院で問診票の記入が行われます。現在飲んでいる薬や、過去の病歴等が聞かれることが多いです。また、問診票以外にも血圧測定が行われることもあります。問診票の記入が終わると、ドクターから薬の説明や問診が行われます。性器を見るというようなことはありません。何か不明点があれば聞くこともできます。バイアグラは院内で処方されることが多いです。薬代を主に支払います。2回目以降の診察の場合も、診察券を持って直接病院に行きます。もし効果がないというような場合や、副作用の症状が続いているというような場合は、相談を行うことができます。