バイアグラの歴史 | バイアグラでいつまでも若々しく〜正しく薬を服用する〜

バイアグラでいつまでも若々しく〜正しく薬を服用する〜

バイアグラの歴史

バイアグラは勃起不全の治療に効果がある薬として、世界中に知られています。ED治療薬として初めて開発された薬で、1998年にアメリカで発売されました。現在は多くの病院でバイアグラを購入することが可能ですが、バイアグラ自体は薬価基準未収載のため、保険適用外に分類されます。保険適用外なので、バイアグラを購入する際は自費診療となります。自費診療の場合、保険証も必要ありません。バイアグラは発売と同時に、多くの国が購入を行いました。日本でもまだ承認されていない状態なのにも関わらず、多くの人が注目し、個人輸入業者を通じてバイアグラを購入し、服用を行っていました。しかし、販売されたばかりの頃は併用禁忌や使用上の注意等の説明があまりされていなかったこともあるため、重い副作用を発生させるというような事例が多くありました。健康被害が発生したため、日本でも安全対策のために早々に認可され、製造販売承認が行われました。

現在日本で承認を得ているバイアグラの規格は、25mgと50mgの二種類があります。しかし、日本以外の国に関しては100mgまで認可があります。国内正規品の場合は、100mgのバイアグラは販売されていません。もし100mgのバイアグラが欲しいと考えている場合は、海外の製品を個人輸入するという方法があります。バイアグラを服用する際には、事前に医師や薬剤師に相談を行い、しっかりと安全を守って服用することが大切です。事前に相談することにより、健康被害や副作用を抑えることができます。